鍼灸師:三輪 正敬の6冊

癒える力

■ 竹内 敏晴(著)
■ 晶文社(1999年)

治療なのか癒すのか、癒すのか癒えるのか。そこには明確な違いがあります。

治療者と患者という“分断”を越えていくためのヒントが詰まった本です。

本当は同じ著者がこれより前に出した『ことばが劈(ひら)かれるとき』を紹介しようと思っていたのですが、
ハリトヒト。の編集部はここに載せる1冊1冊について、全て出版社の許可をきちんととっていらっしゃり、後から間違えたと言えませんでした。

とは言え、久しぶりに本棚から引き出して目を通してみたら、この本もやはり良書。

ヒトのカラダに触れるという、今では毎日おこなっているはたらきを改めて省みることになりました。

1 2

3

4 5 6
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 日本伝統鍼灸学会 広報部長 :小貫 英人の4冊

  2. 鍼灸師:鈴木 寿文の3冊

  3. 鍼灸師:井上 真智子の3冊

  4. 鍼灸師:松岡 有理子の3冊

  5. 鍼灸師:武田 豪快の3冊

  6. 鍼灸師:赤星 未有希の3冊