鍼灸師:武田 豪快の3冊

「違うこと」をしないこと

■ 吉本 ばなな(著)
■ KADOKAWA(2018年)

本来の自分を生きるには、違うことをしないことが大切。

「違うことをしない」≠「したいことをする」

例えば、自分は乗り気でないのに義理で付き合うとか。「なんか嫌だ、違うな」と思うことって、日々たくさんありますよね。
そういう場面で、「一般的には」とか「周りはこうだし」などを理由に、自分の気持ちを抑え込む人って多いと思います。

以前のぼくは、気持ちを抑えがちだったので、危うくおかしくなってしまいそうな時もありました(笑)
今は自分が「違うかな」と思ったことはしないようにしてます。

それからは、本当に楽になりました。

何か「したいこと」をするのは魅力だけど、「違うこと」をしないことを繰り返すほうが大事かなと。
それが本当の自分を知り、自分らしい生き方をする近道なのかもしれないと思っています。

>>> 武田先生のインタビューはコチラ


>>> インタビューのダイジェストマンガはコチラ

【編集部からのお願い】
※ 記事に関するご意見・お問い合わせは コチラ にお願いします。
※ 直接、インタビューにご協力いただいた方へのご意見・お問い合わせは、ご遠慮ください。

□ Facebook
https://www.facebook.com/haritohito89
□ 公式Twitter
https://twitter.com/haritohito

1 2

3

akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:中根 一の4冊

  2. 鍼灸師:澤口 博の3冊

  3. 鍼灸師:足立 繁久の5冊

  4. 鍼灸師:五味 哲也の5冊

  5. 鍼灸師:天野 弘子の5冊

  6. 鍼灸師・柔整師・理学療法士:穴田 夏希の4冊