鍼灸師:松岡 有理子の3冊

お灸で病気を治した話(灸堂臨床余禄)

■ 深谷 伊三郎(著)
■ 鍼灸之世界社/深谷灸法継承会 (1980年)

鍼灸学生〜研修所時代、学校の図書館にあったこの本を友人たちと面白がって読み漁っていました。

深谷式灸法創始者の深谷伊三郎先生がその昔『鍼灸治療雑誌』という自らが主宰された研究誌に連載されたものです。
症例別の記事には治療穴と治療歴・予後など余すところなく書いてあるのが素晴らしい。
さらに、当時の患者さまの暮らしぶりやそこから症状が出るに至った経緯、深谷先生と患者さまとの会話と所見などが生き生きと記されており、
エッセイと言ってはおこがましいですが、地域に溶け込んだ鍼灸治療が浮かびあがる内容と思います。


書籍の購入はこちら

>>> 松岡先生のインタビューはコチラ。


>>> インタビューのダイジェストマンガはコチラ。

【編集部からのお願い】
※ 記事に関するご意見・お問い合わせは コチラ にお願いします。
※ 直接、インタビューにご協力いただいた方へのご意見・お問い合わせは、ご遠慮ください。

□ Facebook
https://www.facebook.com/haritohito89
□ 公式Twitter
https://twitter.com/haritohito

1 2

3

akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:藤川 直孝の3冊

  2. 鍼灸師:三輪 正敬の6冊

  3. 鍼灸師:樋口 美花の3冊

  4. 鍼灸師:五味 哲也の5冊

  5. 鍼灸ジャーナリスト:松田博公の5冊

  6. 鍼灸師:中根 一の4冊