鍼灸師:三輪 正敬の6冊

クヌルプ

■ ヘルマン=ヘッセ(著)、高橋 健二 (翻訳)
■ 新潮文庫(1955年)

20歳から30歳になるまでの10年間、学費に窮していた鍼灸学校在学中も、国試前でも、毎年一度は海外を旅していました。

その際、荷物を減らさなければならない葛藤の中で1冊だけ持って行った文庫本は、いつもヘルマン=ヘッセの作品。

大学生でもあった20代前半は『デミアン』、鍼灸学校在学中だった中盤は『ブッダ』、
鍼灸免許を取った27歳からあと、治療院がヒマなことにまかせて、ヨルダン、スリランカ、インドなどへ鍼と共に携えて行ったのがこの『クヌルプ』でした。

好きなのは最後の数ページ、全面肯定の場面。とにかく美しいのです。

 

 

>> 三輪先生のインタビューはコチラ


>>> インタビューのダイジェストはコチラ

【編集部からのお願い】
※ 記事に関するご意見・お問い合わせは コチラ にお願いします。
※ 直接、インタビューにご協力いただいた方へのご意見・お問い合わせは、ご遠慮ください。

□ Facebook
https://www.facebook.com/haritohito89
□ 公式Twitter
https://twitter.com/haritohito

1 2 3 4 5

6

akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:猪飼 祥夫の3冊

  2. 日本伝統鍼灸学会 広報部長 :小貫 英人の4冊

  3. 鍼灸師・柔整師・理学療法士:穴田 夏希の4冊

  4. 鍼灸師・医学博士・大学病院 鍼外来担当:建部 陽嗣の4冊

  5. 日進医療器株式会社 社長:上島 一晃の4冊

  6. 鍼灸師:井上 真智子の3冊