鍼灸師・医学博士・大学病院 鍼外来担当:建部 陽嗣の4冊

閃めく経絡

■ ダニエル・キーオン(著)
■ 須田万勢・津田篤太郎(監訳)
■ 建部陽嗣(訳)
■ 医道の日本社(2018年)

とにかく面白い!
初めて英文で読んだ時の、私の感想です。

読み進めていくにつれて、「なるほど!」「そう捉えるか!」と、目からウロコがいっぱい。
東洋(鍼灸)医学を、西洋医学・現代医学の言葉で説明することを、真正面から試みた本です。

著者の仮説ですので、もちろん違う考え方があっていいんです。
ただ、仮説を説明するために引用の数の多さ、例えの豊富さは他に例がないのではないでしょうか。
日本人にはよくわからない英国ジョークも楽しめます。

ファッシアは、通常「筋膜」と訳されます。しかし、筋膜という言葉は、筋の膜以外にも使われます。
つまり、ファッシアは筋の膜だけのことではないのです。
我々は漢字をみると、その漢字の持つ意味を勝手にくみ取って読んでしまいます。
だから、この本では「筋膜」と訳すことはあえてしませんでした。
訳者のこだわりに感動しますね(笑)。

>>> 穴田 夏希先生と建部 陽嗣先生の対談はコチラ。


>>> 対談のダイジェストマンガはコチラ。

【編集部からのお願い】
※ 記事に関するご意見・お問い合わせは コチラ にお願いします。
※ 直接、インタビューにご協力いただいた方へのご意見・お問い合わせは、ご遠慮ください。

□ Facebook
https://www.facebook.com/haritohito89
□ 公式Twitter
https://twitter.com/haritohito

1 2 3

4

akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:澤口 博の3冊

  2. 日進医療器株式会社 社長:上島 一晃の4冊

  3. 鍼灸師:武田 豪快の3冊

  4. 鍼灸師:松岡 有理子の3冊

  5. 鍼灸師:樋口 美花の3冊

  6. 鍼灸師:橋本 由紀子の4冊