鍼灸師・医学博士・大学病院 鍼外来担当:建部 陽嗣の4冊

入門『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法

■ 細谷 功 (著)
■ 東洋経済新報社 (2019年)

「鍼灸師は、他職種に対して異常なまでにコンプレックスをもっている」

この意見に対して、うなずく人は多いと思います。
事実、「学生による学生のための学術が好きになる学会(通称:5G、2019年12月21日開催)」でも、多くの学生さんが、この鍼灸師コンプレックスに関して『変!』だと述べていたことが印象的でした。

確かに、鍼灸系の学校の偏差値は高くありません。しかし、だからと言って、頭が悪いのでしょうか?
私はそうは思っていません。教員をしていて、むしろ鍼灸学生は、(知識量は確かに少ないですが…)頭がいいとすら思っています。

著者は、頭の良さには「物知り」「機転が利く」「地頭がいい」の3種類があると述べています。
この3つ目の地頭力とは、未知の領域で問題を解決していく能力のことです。
臨床力につながる力ではないでしょうか。
この地頭力を鍛える方法を、分かりやすく説明しています。
コンプレックスもおのずとなくなるかもしれませんね。

ただ、鍼灸師は国家資格です。決められたルールを守れるかどうかもまた必要な能力ですので、学生さんは勉学をおろそかにしてはいけませんよ(笑)。
地頭力を鍛えれば、国家試験に向かう姿勢もまた、おのずとできてくるはずです。

1

2

3 4
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 日本伝統鍼灸学会 広報部長 :小貫 英人の4冊

  2. 鍼灸ジャーナリスト:松田博公の5冊

  3. 鍼灸師:伊藤 和憲の3冊

  4. 鍼灸師:橋本 由紀子の4冊

  5. 鍼灸師:内原 拓宗の5冊

  6. 鍼灸師:天野 弘子の5冊