鍼灸師:鈴木 咲緒の5冊

(1) ブッダ
(2) 生きてるってシアワセ!
(3) 骨髄ドナーやりました!
(4) 皮膚は考える
(5) 易経 ビギナーズ・クラシックス

ブッダ

■ 手塚 治虫(著)
■ 潮出版社(潮ビジュアル文庫)(2000年)

「ブラック・ジャック」「火の鳥」は全員読んでるものとして、あえての「ブッダ」です(笑)。
生きるとは、生命とは、苦しみとは…医療従事者でなくても、誰もが考える問いの救いがこの中にあるかも。
オススメは最終話の前話。とある王子が脳腫瘍(?)になってしまい、ブッダは彼のおでこに人差し指を当てることを12時間、5年間毎日続けます。
この気概も鍼灸師として見習う所なのですが、この後ブッダは最後の悟りを開くことになります。

医者であった手塚先生らしい悟りで、鍼灸師も共感できるエピソードかと思います。
圧巻の12冊、未読の方は是非!

1

2 3 4 5
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:福森 千晶の5冊

  2. 鍼灸師:橋本 由紀子の4冊

  3. 鍼灸師:有山 優子の4冊

  4. 鍼灸師:伊藤 千展の5冊

  5. 鍼灸師:坂口 俊二の4冊

  6. 鍼灸師:手塚 幸忠の5冊