鍼灸師:岡田 岬の3冊

(1) 腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか
(2) 自分のアタマで考えよう
(3) 体性-自律神経反射の生理学-物理療法、鍼灸、手技療法の理論

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

■ エムラン・メイヤー(著)、高橋 洋(翻訳)
■ 紀伊國屋書店(2018年)

脳腸相関が世間に浸透してしばらく経ちますが、本書は読み物としても面白く、気付かされることが多くあります。

科学的根拠を紹介しつつも比較的堅苦しくなく、知識を深められると思います。身体と会話することの大切さを再確認し、自分を見つめ直すチャンスとなる本です。
研究をしていると腸のみをターゲットにし、その反応だけを論じてしまいがちですが、身体はつながっているということに注意が必要だなと感じました。

鍼灸は「おなかの調子を整えながら、頭痛を緩和させる」といった多くの愁訴を一度に治療します。共通するところもあり、小ネタにもなる内容となっています。

1

2 3
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:藤田 恵子の5冊

  2. 鍼灸師:澤口 博の3冊

  3. 日本オリンピック委員会(JOC)医科学強化スタッフ:鳥居 明の5冊

  4. 日進医療器株式会社 社長:上島 一晃の4冊

  5. 鍼灸師:足立 繁久の5冊

  6. 鍼灸師:小池 謙雅の5冊