鍼灸師:横山 奨の5冊

漢方腹診考:症候発現のメカニズム

■ 寺澤 捷年(著)
■ あかし出版(2016年)

筆者(横山)としては現代最高峰の腹診書だと考えている。

腹診重視の方証相対論を現在わかっていることと、著者自身の仮説・検証を上乗せし独自の解釈を展開している。
漢方医からはまだ著者自身の仮説であるという話も聞くが、体表観察を重視する鍼灸師である筆者の経験則では、本書に書かれていることは鍼灸臨床現場においてはほとんど真実だと考えている。

症例から叩き上げる寺澤方式の結晶のような腹診書である。

本書と合わせて、
『弁釈鍼道秘訣集』(藤本 蓮風・著/緑書房/2000年)
『腹診による「毒」と「邪気」の診察と鍼灸治療』(大浦 慈観・著/ヒューマンワールド/2016年)
の三書が横山腹診三部書となっている。

あかし出版webサイトへのアクセスはこちら

1 2 3

4

5
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:五味 哲也の5冊

  2. 鍼灸師:飯塚 聡の4冊

  3. 日本伝統鍼灸学会 広報部長 :小貫 英人の4冊

  4. 鍼灸師:武田 豪快の3冊

  5. 鍼灸師:松浦 悠人の5冊

  6. 鍼灸師・柔整師・理学療法士:穴田 夏希の4冊