鍼灸師:横山 奨の5冊

症例から学ぶ和漢診療学

■ 寺澤 捷年(著)
■ 医学書院(2011年)

澤口先生紹介の『和漢診療学』(岩波新書)は主に一般向けである。
本書は、医学部学生や漢方の初心者に向けた書籍である。

著者自身のアイデンティティーである千葉古方の方証相対論の流れが色濃いが、漢方医学全体を網羅し、できる限り平易に書かれている。
腹診の項も詳しく、体質の虚実に合わせて方剤が配置されている症例は鍼灸師の湯液(漢方薬治療)への理解が進む良書だと感じる。

和漢診療学という温故知新の学問を打ち立てた著者は「吉益東洞以来の革命的思想家」と後代にいわれるのではないだろうか。

1 2

3

4 5
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:三輪 正敬の6冊

  2. 鍼灸師:飯塚 聡の4冊

  3. 鍼灸師:内原 拓宗の5冊

  4. 鍼灸師:大饗 将司の3冊

  5. 鍼灸師:樋口 美花の3冊

  6. 鍼灸師:天野 弘子の5冊