うつ病の鍼灸治療と臨床研究のススメ 前編/鍼灸師・博士(鍼灸学):松浦悠人

標準治療の課題と鍼灸の可能性

松浦先生
松浦先生
うつ病の現代医学的な治療法は、休息、薬物療法、精神療法が中心になります。
より詳細な内容について知りたい方は、「うつ病治療ガイドライン」を参照されるのがおすすめです。
主に薬物療法の推奨度を記載していますが、うつ病患者と接する際の基本的介入や対応方法などについてもまとめられています。
残念ながら「うつ病治療ガイドライン」に、鍼灸治療は記載されていないようですね。
ゆうすけ
ゆうすけ
松浦先生
松浦先生
そうなんです。しかし、現代医学的な治療ですべてのうつ病に対処できているとは言えません。
アメリカで実施されたうつ病を対象とした大規模な臨床試験では、初回抗うつ薬による寛解率は60%程で、およそ1/3のうつ病患者は抗うつ薬に反応しないことが分かりました¹⁾。
薬が効かない人もかなりいる。
もっとそういう方に鍼灸治療の可能性を伝えていけたらいいですね。
ゆうすけ
ゆうすけ
松浦先生
松浦先生
うつ病には再発しやすいという特徴もあります。さらに、2回目のうつは3回目のうつを、3回目のうつは4回目のうつを…というように、再発を繰り返すごとに、その後の再発リスクは高まってしまいます²⁾。
いったん症状がおさまっても安心ではない…。
どうにか再発を予防できたらいいのですが。
ゆうすけ
ゆうすけ
松浦先生
松浦先生
再発の防止に、鍼灸治療が役立てる可能性として、うつ病の「残遺症状」への対処があります。
残遺症状とは、寛解後に診断基準に満たない程度の症状が持続することです。
うつ病だと、睡眠障害や抑うつ症状、認知機能低下などが多いとされていて、これらの存在が再発のリスクになることが報告されています。³⁾
そんなことまでわかっているんですね。
ゆうすけ
ゆうすけ
松浦先生
松浦先生
鍼灸治療は、このような残遺症状への対処として有用である可能性があるので、結果的に再発の予防にも貢献できるかもしれません。

うつ病に鍼灸治療は効くのか

「うつ病に鍼灸治療は効く」と言ってもいいですか。
タキザワ
タキザワ
松浦先生
松浦先生
海外の論文では肯定的なデータがでています。
2021年現在、最もインパクトのある論文は、Macpherson Hらが2013年に発表した大規模なランダム化比較試験(randomized controlled trial: RCT)です⁴⁾。
NHK『東洋医学ホントのチカラ』でも取り上げられていたような。
タキザワ
タキザワ
松浦先生
松浦先生
この研究では、中等度から重度のうつ病患者755名を対象として、1)鍼治療+通常ケア群(302例)、2)カウンセリング+通常ケア群(302例)、3)通常ケア群(151例)の3群を比較しました。
鍼治療は、一般の臨床現場で行われている鍼灸治療とし、3カ月間のうちに原則週1回で最大12回までで、23名の鍼灸師により平均10.3回行われました。
治療のペースも現実的ですね。どんな結果だったんですか。
タキザワ
タキザワ
松浦先生
松浦先生
鍼治療群とカウンセリング群、どちらも通常ケア群よりも有意に減少しました。
つまり鍼治療の併用は、通常ケア単独より優れていて、カウンセリングと同等の効果があることが示されました。

標準治療だけより、標準治療に鍼灸治療をプラスした方が、うつ病の症状は軽減するってことですね。
このようなデータで患者さんに説明できるのはとてもありがたいです。
タキザワ
タキザワ
松浦先生
松浦先生
2019年に発表されたうつ病に対する鍼治療のシステマティック・レビュー(複数のRCTを集めて解析し結論を導き出す研究)では、29の研究と2,268人の参加者が含まれました⁵⁾。
この研究では、鍼治療 vs Sham(偽鍼)、鍼治療+抗うつ薬 vs 抗うつ薬単独をデザインとしたRCTの統計学的な解析により、どちらも鍼治療が有意に優れているという結果が得られました。ただし、個々の研究の質は低いため、結果の解釈には注意が必要です。
過去の研究をまとめた規模の大きな分析でも、偽鍼との比較でも、鍼治療の有効性は認められているんですね。
タキザワ
タキザワ
松浦先生
松浦先生
とはいえ、まだ日本ではうつ病の鍼灸治療を本格的に評価したRCTはありません。
日本のうつ病患者に日本の鍼灸治療がどれだけ効果があるのか、これから検証して世界に向けて発信していくためにも、精神科との共同研究を進めています。

まとめ
・うつ病とは、気分の落ち込みや興味・喜びの喪失などの精神症状や食欲不振、睡眠障害などの身体症状を呈する気分障害の一種である。
・うつ病患者のおよそ1/3は抗うつ薬に反応しない。
・うつ病の残遺症状への対処として鍼灸治療は有用である可能性があり、結果的にうつ病再発の予防に貢献できる可能性がある。
・現代医学的な通常のケアに、週1回程度の一般的な鍼灸治療を加えた方が、うつ病の症状が軽減する可能性は高くなる。

【参考文献】
1) Rush AJ, et al. Sequenced treatment alternatives to relieve depression (STAR*D): rationale and design. Control Clin Trials. 2004;25(1):119–42.
2) Kessing LV, et al. Recurrence in affective disorder. I. Case register study. Br J Psychiatry. 1998;172:23–8.
3) Judd LL, et al. Major depressive disorder: a prospective study of residual subthreshold depressive symptoms as predictor of rapid relapse. J Affect Disord. 1998;50(0165–0327 (Print)):97–108.
4) MacPherson H, et al. Acupuncture and Counselling for Depression in Primary Care: A Randomised Controlled Trial. PLoS Med. 2013;10(9):e1001518.
5) Armour M, et al:Acupuncture for Depression: A Systematic Review and Meta-Analysis. J Clin Med. 31;8(8) pii: E1140, 2019.

取材協力:東京有明医療大学

文=松浦悠人
編集・撮影 = ツルタ
(2021.7.29公開)

中編はこちら


インタビュー記事はこちら

【編集部からのお願い】
※ 記事に関するご意見・お問い合わせは コチラ にお願いします。
※ 直接、インタビューにご協力いただいた方へのご意見・お問い合わせは、ご遠慮ください。

□ Facebook
https://www.facebook.com/haritohito89
□ 公式Twitter
https://twitter.com/haritohito

1

2

akuraku3.jpg

関連記事

  1. うつ病の鍼灸治療と臨床研究のススメ 後編/鍼灸師・博士(鍼灸学):松浦悠人

  2. 「学び」を深めるイベントをおこないます!【2021/9/2】

  3. お灸と免疫の話/鍼灸師・医学博士:三村 直巳

  4. お灸と温度の話/鍼灸師・医学博士:三村 直巳

  5. うつ病の鍼灸治療と臨床研究のススメ 中編/鍼灸師・博士(鍼灸学):松浦悠人