自分の可能性をみつければ、次の形が見えてくる/鍼灸師:橋本 由紀子

橋本 由紀子(はしもと ゆきこ)先生

鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、登録販売者、産業カウンセラー
短大卒業後、宝飾業界勤務を経て、2000年に東京医療専門学校入学。
マッサージ院、鍼灸整骨院、鍼灸院、薬店で経験を積み、2015年東京・溜池山王で開業。
副鼻腔炎、鼻炎などの鼻トラブル、声枯れの患者さんで9割以上の来院。1児の母。
著書『副鼻腔炎・蓄膿症 鼻の経絡さすり』

溜池山王→三島→鈴鹿:バイクに乗りながら鍼灸師になると決めました

こんにちは。
今回は新型コロナウイルスの影響で大変なところ、取材を引き受けてくれてありがとうございます。よろしくお願いします。
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
こちらこそ、よろしくお願いします。
橋本先生が開業されている溜池山王は、国会議事堂や議員会館があるところですよね。
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
そうです。じつは実家がこの辺りで、高校3年生まで過ごしていました。
地元だったんですね。高校卒業後は?
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
早く家を出たいという気持ちがあったので、静岡県三島の短大に進みました。
じつはこの時、明治鍼灸大学も受験しています。
結局、落ちてしまったんですけど、親に「鍼灸師になりたい」と伝えたら「早いうちに専門を決めるのはいいけど、もっと広い世界も見てほしい」って反対されました。
鍼灸大学は、鍼灸師を目指すのがベーシックですもんね。
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
当時は、どうしても鍼灸師になりたかったわけじゃないので。結局、短大に進学しました。
短大時代はいかがでした?
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
それが授業も行かずに家でずっと寝てるような、やる気のない生活を送ってしまいました。
あらら。
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
小さいころから体を鍛えたり、武道をやっていたりしたんですけど、短大に入ってから、いろいろな気持ちがプツンと切れてしまったみたいです。
ちなみに、どうして武道をやっていたんですか?
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
女性は家庭を支える役割みたいな先入観があって、そこから脱したいと思っていました。「体を鍛えていれば精神も強くなる」という幻想があったように思います。
それが、短大で「ゆるゆるでもいいじゃない」みたいな風に変わったのかな。
短大を卒業した後は?
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
東京で大手のジュエリーを販売する会社に就職しました。
それまで、あまり女性らしい格好をしたことがなかったんですよ。
でも仕事では、絶対にメイクをしなきゃいけないし、ヒールも履かなきゃいけない。そういうのを嫌々やらされて、自分が女性ということを強く認識させられました。
そこでは対面販売をしていたんですか?
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
そうです。
丁寧に接客をして、お客様から「良いものが買えました、ありがとう」っていう感謝のお声をいただくのがすごく嬉しかったです。
ただ、10年後もこの仕事を続けたいかというと、そうじゃないって気づいて、将来のことを改めて考え始めました。
それで鍼灸師になろうと思ったんですか?
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
そうですね。
心のどこかに「感謝の言葉は、もっと生活に密着した健康や命の関わる場で、受け取りたい」という思いが芽生えてきたんだと思います。
なるほど。
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
私ね、何かを決断する時は、バイクに乗って決めるんですよ。
バイク、ですか?
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
ええ。夏に東京からバイクで三重県の鈴鹿に8時間耐久レースを見に行ったんですけど。
その帰り道に「鍼灸の学校に行くか、仕事を続けるか」を決めるって出発して、東京に着いた時には「鍼灸の学校に行く」っていう結論が出ていました。
そうでしたか。
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
鍼灸の学校に行くことを、1度は親に反対されていたので、今度は決意を固めて伝えようとしたんですよ。
そうしたら、ちょうどその日に、父に「肺がんで入院する」って言われたんです。
なんというタイミング…。
ウラベ
ウラベ
橋本先生
橋本先生
そうそう。
衝撃的なことを先に言われてしまったので、鍼灸の学校に行きたいとは言い出せなかったです。
でも、父の病気を理由に後悔したくなかったので、最後はちゃんと伝えました。

NEXT:四谷→吉祥寺:うつ病になりました

1

2 3
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 自分にしかできない「挑戦」(後編)/黄帝内経研究家:松田 博公

  2. 津田先生、学会ってなんですか?【後編】/ハリトヒト。番外編

  3. 鍼を受けてる時間って、こんなに気持ちよくて幸せなんだ(後編)/鍼灸師 中根 一

  4. 「人としての経験を積まないと」と思った/鍼灸師:五味 哲也

  5. タダシい学びのハジメ方(前編)/鍼灸師:矢野 忠・中根 一

  6. 日進医療器に関わる多くの人が笑顔になってくれたら嬉しいです/日進医療器株式会社 社長:上島 一晃