鍼灸師:大饗 将司の3冊

ムーブメント ファンクショナルムーブメントシステム

■ グレー・クック(著)
  中丸 宏二・小山 貴之・相澤 純也・新田 收 (訳)
■ ナップ(2014年)

私は、慢性の痛みや症状を訴える患者さんに対してトリガーポイント鍼療法を活用することが多いです。

トリガーポイントは痛みや症状の原因かもしれませんが、なぜトリガーポイントが発生したのかを知らなければいけません。
患者さんから「1〜2週間は楽になるだけど、また戻ってしまうですよね…」と言う声を耳にした鍼灸師は少なくないでしょうか。

この原因の一つに、普段の生活で繰り返される悪い動作、例えば「腰を過剰に反る」「膝を捻じる」などが考えられます。
いくら施術しても悪い動作を変わらなければ再発を繰り返してしまします。

この本では「ファンクショナルムーブメントスクリーン(Functional Movement Screen:FMS)」と
「セレクティブ・ファンクショナルムーブメントアセスメント(Selective Functional Movement Assessment:SFMA)」、
2つの動作の評価方法とアプローチ方法を紹介しています。
この評価法のコンセプトは、東洋医学の考えに通じるものと、私は感じました。

そしてコンセプトを理解することで、鍼療法やそれ以外のアプローチ(運動療法など)の活用の選択を明確にできるようになります。

現代鍼灸では痛みに対して構造的・局所的な観点でのアプローチが中心ですが、今後は機能的観点を持つことで全身的な鍼灸療法をおこなえ、予防やコンディショニングに活用できます。
機能的観点を持てるきっかけになる本です!


>>> 大饗先生のインタビューはコチラ。


>>> インタビューのダイジェストマンガはコチラ。

【編集部からのお願い】
※ 記事に関するご意見・お問い合わせは コチラ にお願いします。
※ 直接、インタビューにご協力いただいた方へのご意見・お問い合わせは、ご遠慮ください。

□ 製本版ハリトヒト。
Amazon
□ Facebook
https://www.facebook.com/haritohito89
□ 公式Twitter
https://twitter.com/haritohito

1 2

3

rakuraku_banner2.jpg
seirin_banner01.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:澤口 博の3冊

  2. 鍼灸ジャーナリスト:松田博公の5冊

  3. 鍼灸師:内原 拓宗の5冊

  4. 鍼灸師:藤川 直孝の3冊

  5. 鍼灸師:足立 繁久の5冊

  6. 鍼灸師:樋口 美花の3冊