鍼灸師:鈴木春子の3冊

(1) 夜と霧ードイツ強制収容所の体験記録
(2) 旅をする木
(3) 解説 鍼灸重宝記

夜と霧ードイツ強制収容所の体験記録

■ V.E.フランクル(著)、霜山 徳爾(翻訳)
■ みすず書房(1985年)

いま現在ウクライナに侵攻するロシアの戦争がおわらない。
兵士たちは殺し合いをしたくないでしょう。
温かい部屋で、コーヒーをのみ、家族と笑いあって楽しい新年を迎えたいでしょう。

戦争の準備はいらない。
日本は平和の
準備をしよう。
若者が苦しむことにならないよう。

極限状況のなかで、どのようにフランクル先生は人間を見たのか。
からくも生きのびる力になったのは何なのか。

ビクトールフランクル先生のお墓はウィーン郊外にあります。
まだ寒い早春3月、先生のすこし小さめのお墓の回りだけ、白いすみれの花がいっばい咲いていました。
なぜここだけ、光が当たっているのかと空を見上げたくらいです。先生はもうずっと前に亡くなっているけれど、
先生の言葉は生きてわたしを生かしているとわかり、涙がとめどなく溢れ、あの感動を忘れることはありません。

1

2 3
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:松岡 有理子の3冊

  2. 鍼灸師:三輪 正敬の6冊

  3. メイプル名古屋 鍼灸企画部:井上 尚子の3冊

  4. 鍼灸師・医学博士・大学病院 鍼外来担当:建部 陽嗣の4冊

  5. 鍼灸師:脇 英彰の4冊

  6. 鍼灸師:粕谷 大智の4冊