フレンドリーがあらゆる偏見の壁を壊してくれたらいい /鍼灸師:飯塚 聡

プライベートな空間だから話せること

患者さんはLGBTの人が多いですか?
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
患者さんに確認するわけではもちろんないので、ちょっとわからないですね。ただ、ご自分からお話される方で考えたならば、だいたい人口の8.9%がLGBTだって言われているんですけど、それぐらいの割合ではいらっしゃるかな。
他の鍼灸院より圧倒的に多いんじゃないですかね。どんな声が寄せられていますか。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
僕一人しかいないプライバシーが守られる空間なので「話しにくいことも話せる」っていうご意見をいただいたことはあります。
一人治療院の良さってことですね。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
卒業論文を書くうえで学んだことですが、LGBTの中でも特に人に話を聞かれたくないと思っているのは、トランスジェンダーと呼ばれる人たちなんですよ。「周りの目が気になるから、病院にも行きづらい」という人が多いんですよね。
LGBT、特にトランスジェンダーの方が抱える医療格差ですか。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
そういう人こそ、なるべく足を運んでほしい。そのための環境を用意したいので、今はベッド一床という点にこだわっています。普段の生活で、つらい思いをされることもあるので、そういう気持ちを吐き出されていく方も多いですね。
プライベートな部分を吐き出すって、心の解放になりますね。
タキザワ
タキザワ
飯塚先生
飯塚先生
例えば、ゲイの方がおっしゃるには、職場では世間体もあるから、パートナーのことを本当は「彼氏」だけど「彼女」と言って嘘をついている。
大切な人を偽って話すのは苦しいでしょうね。
タキザワ
タキザワ
飯塚先生
飯塚先生
ここはLGBTフレンドリーなので、パートナーが同性ということをあえて隠さなくても大丈夫な環境です。恋人のことを他人に語るっていうのは気楽になれる瞬間だから「話せて良かった」と言われます。
何か治療の面で、変えている部分ってありますか?
タキザワ
タキザワ
飯塚先生
飯塚先生
施術に関して、特に変わったことはしてないです。みなさん全く同じなので、ここに医療格差はないんですよ。

「LGBTフレンドリー」を謳うだけでも意義がある

取材前に『LGBT 鍼灸』で検索してから来たんですけど、ホームページでLGBTに触れている鍼灸院って、日本にはほとんどなかったです。そういう現状でLGBTフレンドリーを掲げていると、ちょっと変わった鍼灸院と思われたりしないですか。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
一風変わった鍼灸院だと思われても、少数派といわれる人たちが、ちょっとでも気楽に来れるような環境を提供したいです。僕はそう思ってLGBTフレンドリーを謳っています。
そのお手伝いがしたいと思った場合、何かできることはありますか?
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
やっぱり発信することだと思いますよ。
「LGBTにフレンドリーです」って鍼灸院が発信することにどのような意義があると考えていますか?
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
草の根で微力ですけど、僕みたいにLGBTにフレンドリーな鍼灸院があるということが、LGBTに関する課題が社会にあるってことを知るきっかけになればいいと思っています。
うん、そういうことなんですね。
ちなみに「LGBTフレンドリー鍼灸院」と掲げるなら、これはクリアしてほしいっていうポイントはありますか。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
患者さんのお話が周りに漏れないようにすることは必須ですね。
鍼灸師には守秘義務がありますし、そこは絶対ですよね。ただ大部屋の院だと他の患者さんもいるので難しい面もありそう。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
新たに個室を作れと言うのは無理な話ですからね。それでも「うちはフレンドリーです」って掲げるだけでも意味はあると思います。迷っている人にとっては、その一言があるかないかで、印象は大きく変わるのではないでしょうか。
なるほど。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
実はゲイとかレズビアンとかバイセクシャルの方のなかには、特に医療機関に配慮を希望しないという方も多いんですよ。治療を受けるにあたってセクシャリティを言う必要もありませんから。
たしかに、治療と関係ない。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
そう、だから愚痴は友達に言えば済むんですよね。鍼灸は体さえ治してくれればいいという考えで、そもそも心を開放することを望んでいない方もいます。そういう前提を踏まえずに、治療家側が過剰に配慮すると、逆に来づらくなってしまうと思います。
LGBT当事者の声ですね、勉強になります。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
LGBTのなかでも、僕が1番支えになりたいと思っているのはTの方です。
T、トランスジェンダーの方に鍼灸師ができること…。
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
例えば心は男性だけど、身体は女性という方もいます。そういう方は、婦人科を受診することに抵抗があったりするんですね。だからこそ、お話を聞いて受診を勧めたり、医療的なアドバイスだったりとか。僕ら鍼灸師のやれることは十分あると思っています。
鍼灸師のやれることって?
ツルタ
ツルタ
飯塚先生
飯塚先生
体を良くして、できれば心も軽くしてさしあげるお手伝いです。ずっとLGBTの話をしてきましたけど、相手が誰であろうと、それができないと仕方ないので。結局、治療家として追求していくのが自分のスタンスです。

NEXT:広げよう!「〇〇フレンドリー鍼灸院」

1

2

3
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 自分の可能性をみつければ、次の形が見えてくる/鍼灸師:橋本 由紀子

  2. 今までの概念を壊さないと、可能性って見えてこない気がしたんです/鍼灸師:有山 優子

  3. 趣味とか、興味ってね、大事やと思いますよ。/鍼灸師:藤川 直孝

  4. 知りたいって原動力じゃない?/鍼灸師:鈴木 寿文

  5. 「人としての経験を積まないと」と思った/鍼灸師:五味 哲也

  6. なんにも面白いことなんか喋られへん/鍼灸師:猪飼 祥夫