幸せのとらえ方が変わりました/鍼灸師:武田 豪快

給料だけで就職しても、うまくいかない

卒業後の話を聞かせてください。
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
鍼灸接骨院に就職しました。ハローワークに行って、鍼灸師募集の求人票を比べてみたら、明らかに条件の良い院があったんです。
待遇で選んだわけですね。実際に働いてみてどうでした?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
とても忙しい院で、残業が多くてしんどかったです。
接骨院がメインで、はり師・きゅう師の業務はほとんどなかったですね。2年くらい勤めたけど、やっぱり鍼灸がやりたいと思って辞めました。
鍼灸接骨院に鍼灸師として就職しても、鍼と灸はほとんどやらないって話、わりと聞きますね。
もちろん勤務先によるんでしょうけど。
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
せっかくだから資格をいかしたいと思って、次は鍼灸院で働いたんですけど、そこでもあんまり鍼灸をやる機会はなかったですね。
鍼灸院なのに?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
そうです。でも、これって珍しいことではないみたいですよ。
これから先も鍼灸師としてやっていくなら、鍼灸の経験を積まないと成長できないと思ったので、とにかく鍼灸ができる環境を求めるようになりました。
それに、ずっと
勤務を続ける自信もなかったので、独立を考えるべきかなって。いずれにせよ、このままではまずいと思っていました。

信じられないことは、うまくいかない

武田先生
武田先生
それで、しっかりと鍼灸を学びたいと思って、2年間北海道に研修に行きました。
研修先はどちらです?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
帯広の東方鍼灸院です。
たまたま読んだ『鍼灸ジャーナル』で、院長の吉川正子先生を知ったのがきっかけですね。
眼科領域の鍼灸治療の記事が載っていて、興味のある分野だったのでネットで検索してみたら、ホームページのトップに研修生募集というのが出ていたんですよ。
研修制度って珍しいですね。
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
研修は院の制度ですけど、吉川院長は「鍼灸が医学として正当な評価を得られること」を願って、鍼灸全体の発展を考えてやっているみたいです。
私の同級生にも学校の夏休みを利用して、吉川先生のところで研修をしていた人がいましたよ。
ウラベ
ウラベ
武田先生
武田先生
そういう学生さんは多いです。1日だけ見学するのも大丈夫ですし、数日から数週間かけて技術面を学ぶこともできます。短期の場合は、研修生のニーズにできるだけ応えるようにしているんですよ。
参加しやすくていいですね。長期研修の場合はどうですか?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
院の近くにアパートを借りて、普通に働くような感じです。最初は勉強ですけど、そのあとは患者さんを受け持って治療をします。
働くってことは、雇用関係?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
はい、社会保険や厚生年金もありました。
ちゃんとしてますね。鍼灸の経験は積めました?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
治療院にはベッドが8台あって、患者さんがひっきりなしに来るような感じでした。なので、臨床の場数は踏めたと思います。どうしたらいいか悩んだ時は、院長に相談できるのでありがたかったですね。
理想的な環境すぎません?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
ぼくも、そう思います。あと、吉川院長は「陰陽太極鍼」をたくさんの人に伝えたいのかもしれないです。これは院長考案の刺さない鍼で、体表観察や触診を重視して、陰陽のバランスをとる取穴法をします。
難しそう。
ウラベ
ウラベ
武田先生
武田先生
どうですかね。院長は誰にでも効果が出せると思っているはずです。
実際どうでした?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
研修を始めてすぐの頃に、急性腰痛で歩けない状態の患者さんが、院長の治療後にすたすた歩けるようになったことがあって。
刺さないのに? すごい。
ウラベ
ウラベ
武田先生
武田先生
この時、初めて鍼が効くのを見ました。正直、それまで半信半疑だったんですよ。
けっこう長い期間、鍼を信じてなかったんですね。
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
だから実際に見て感動しました。
こういう経験をして、だんだんと鍼灸のことや身体のことを自発的に学ぶようになったと思います。
いろんな面で成長したんじゃないですか?
ツルタ
ツルタ
武田先生
武田先生
そうかもしれません、北海道に行ってよかったです。

NEXT:自信はあったけど、うまくいかない

1

2

3
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 「ない」ことベースでやっています/鍼灸師:三輪 正敬

  2. 自分にしかできない「挑戦」(後編)/黄帝内経研究家:松田 博公

  3. 津田先生、学会ってなんですか?【前編】/ハリトヒト。番外編

  4. 今のテーマは「自分の魂の叫びを聞く」なんですよ/鍼灸師:大饗 将司

  5. 鍼灸師として多職種と連携するということ/穴田 夏希・建部 陽嗣

  6. タダシい学びのハジメ方(後編)/鍼灸師:矢野 忠・中根 一