【ウラベマンガ】鍼灸師:伊藤 和憲

明治国際医療大学 学部長であり、トリガーポイント治療の第一人者の伊藤 和憲(いとう かずのり)先生。

鍼灸師として、順調にエリートの階段を駆け上がっているように見える先生の人生は、苦難の連続だった…。

《失敗をどう受け止めるかで、本当の結果が決まる》

専門分野が「痛みの研究」から「養生の場の創生」に変わっていった経緯、そして、揺るぎないポリシーとは。


マンガ by @urabe_robo

>>> 前編の記事はコチラ。


>>> 後編の記事はコチラ。

【編集部からのお願い】
※ 記事に関するご意見・お問い合わせは コチラ にお願いします。
※ 直接、インタビューにご協力いただいた方へのご意見・お問い合わせは、ご遠慮ください。

□ 製本版『ハリトヒト。vol.1』
Amazon
■ 製本版『ハリトヒト。vol.2』
Amazon
□ Facebook
https://www.facebook.com/haritohito89
□ 公式Twitter
https://twitter.com/haritohito

rakuraku_banner2.jpg
seirin_banner01.jpg

関連記事

  1. 【ウラベマンガ】鍼灸師:樋口 美花

  2. 【ウラベマンガ】鍼灸師:赤星 未有希

  3. 【ウラベマンガ】鍼灸師:藤川 直孝

  4. 【ウラベマンガ】タダシい学びのハジメ方(後編)

  5. 【ウラベマンガ】鍼灸師:猪飼 祥夫

  6. 【ウラベマンガ】鍼灸ジャーナリスト:松田 博公