鍼灸師・柔整師・理学療法士:穴田 夏希の4冊

エビデンスに基づく循環器看護ケア関連図

■ 森山美知子 木原康樹 宇野真理子 中麻規子 (編集)
■ 中央法規出版 (2017年)

高齢者は運動器疾患だけでなく、COPD、心不全、糖尿病、腎不全等の内部障害を重複していることが珍しくありません。
特に心不全に代表される循環器疾患は、2019年に「脳卒中・循環器病対策基本法」が施行されるなど、ますます社会の関心が高まっています。
最近では心臓弁膜症のテレビCMまで流れるようになりました。
そんな中、高齢者医療に携わる機会のある鍼灸師は、循環器への理解が必要不可欠だと言えます。
本書には症状別の看護ケア関連図が掲載されており、患者の訴えから病態や原因を簡単に推察することができ、私のような初学者でも理解しやすい内容となっています。

1 2

3

4
akuraku3.jpg

関連記事

  1. 日進医療器株式会社 社長:上島 一晃の4冊

  2. 日本伝統鍼灸学会 広報部長 :小貫 英人の4冊

  3. 鍼灸師:橋本 由紀子の4冊

  4. 鍼灸師:舩坂 樹観の4冊

  5. 鍼灸師:福森 千晶の5冊

  6. 鍼灸師:藤川 直孝の3冊