検索結果

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • インタビュー

    自分ががん患者として鍼灸治療を受けたとき、「ごほうびだな」と感じました/鍼灸…

    がん(悪性腫瘍)は思っているよりも身近な存在で、現在の日本人の約半数はがんを経験すると言われています。私たちはこれか…

    • インタビュー

    津田先生、学会ってなんですか?【前編】/ハリトヒト。番外編

    日本の鍼灸業界では「学会」というイベントが、年に数回行われます。創刊号のインタビューでも「臨床しながら、学会で発表し…

    • インタビュー

    津田先生、学会ってなんですか?【後編】/ハリトヒト。番外編

    >>> 「津田先生、学会ってなんですか?【前編】」はこちら発表の内容がわからないって感じたらどうしたらいいんですか?…

    • インタビュー

    教員にとって臨床は「毒」であり「魅力」/関東鍼灸専門学校・副校長:内原 拓宗…

    Chapter1 【幼少〜大学生】 Chapter2 【社会人】 Chapter3 【結婚・学生生活】 Chapter4 【教員浪人】 Chapter5 【小林…

    • インタビュー

    で、学会ってどうだった?/ハリトヒト。編集部

    2019年の3月15日と3月20日に公開し、多くの方から反響をいただいた「津田先生、学会ってなんですか?」(前後編)。ハリトヒ…

    • インタビュー

    今は子どもに合わせた働き方をしています/鍼灸師:井上 真智子

    慶応大学法学部卒業後、アメリカ留学、国連でのインターン…といったキャリアを積んだうえで、鍼灸師になった「おかあさん」が…

    • ハリトヒト。予告

    【ハリトヒト。予告】鍼灸ジャーナリスト:松田 博公

    かつて記者をしていた松田 博公(まつだ ひろきみ)先生。1999年から5年間、共同通信で執筆した『鍼灸の挑戦』は、先生自身の…

    • インタビュー

    自分にしかできない「挑戦」(前編)/鍼灸ジャーナリスト:松田 博公

    ぼくが松田 博公(まつだ ひろきみ)先生の『鍼灸の挑戦』を読んだのは、鍼灸専門学校の学生の時でした。共同通信社の記者と…

    • インタビュー

    自分にしかできない「挑戦」(後編)/黄帝内経研究家:松田 博公

    唸っているぼくの枕元で「退路を断て! 退路を断て!」って三重県四日市の公害ぜん息訴訟の判決直後の1972年7月、勝訴した住…

    • ハト本。ハトマ。情報

    ハリトヒト。本への声を集めました(^o^)

    こんにちは! ハリトヒト。編集部です。クラウドファウンディングにてご協力いただいた本が完成してから、1ヶ月が過ぎました…