鍼灸師:飯塚 聡の4冊

不実な美女か貞淑な醜女か

■ 米原 万里著)
■ 新潮文庫/新潮社(1994年)

ロシア語の同時通訳で第一線で活躍された米原万里さんのエッセイです。
少々刺激的なタイトルですが、本文を読むと「なるほど、そういう意味か」と分かります。

通訳をする上でご自身がしてしまった失敗、心温まるエピソード、人とのコミュニケーションとは?など多くの話題が小気味良いテンポで書かれていて、
ユーモア溢れる内容は笑いの連発!
読み終える頃には気持ちが軽くなること請け合いです。

>> 飯塚先生のインタビューはコチラ


>> インタビューのダイジェストはコチラ

【編集部からのお願い】
※ 記事に関するご意見・お問い合わせは コチラ にお願いします。
※ 直接、インタビューにご協力いただいた方へのご意見・お問い合わせは、ご遠慮ください。

□ Facebook
https://www.facebook.com/haritohito89
□ 公式Twitter
https://twitter.com/haritohito

1 2 3

4

akuraku3.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:足立 繁久の5冊

  2. 鍼灸師・柔整師・理学療法士:穴田 夏希の4冊

  3. 鍼灸師:内原 拓宗の5冊

  4. 日本伝統鍼灸学会 広報部長 :小貫 英人の4冊

  5. 鍼灸師:猪飼 祥夫の3冊

  6. 鍼灸師:伊藤 和憲の3冊