鍼灸師:内原 拓宗の5冊

図説 難経 -易経と難経

■ 西岡由紀(敏子)著
■ 宝栄企画(2007年)

 

インタビューの中でも触れた、私が編集に関わらせて頂いた本です。

関東鍼灸専門学校で西岡先生が行っていた講義の内容を中心に「易経」の考え方で「難経」を読み解くという画期的な内容が説かれています。

私は授業でこの内容に触れて、鍼灸師を目指す人がどうして易経を学ばなければならないのかを理解できた気がしました。

鍼灸を生み出した当時のものの考え方に迫りたい、という方にお勧めの本です。

1

2

3 4 5
rakuraku_banner2.jpg
seirin_banner01.jpg

関連記事

  1. 鍼灸師:足立 繁久の5冊

  2. 鍼灸師:赤星 未有希の3冊

  3. 鍼灸師:樋口 美花の3冊

  4. 鍼灸ジャーナリスト:松田博公の5冊

  5. 鍼灸師:澤口 博の3冊

  6. 鍼灸師:大饗 将司の3冊