オレを拒絶するようなら滅びればいいと思う/鍼灸師:横山 奨

SNS上で「横山 奨」の名前を見かけない日はない。
それくらい横山先生の名前はFacebookやTwitterで浸透している。
臨床もこなし、日本の伝統鍼灸への造詣も深い。
ネット上では敬意をこめて「横山大先生」なんて愛称もついている。

大先生とは「手の届かない遠い存在」なのだろうか?

インタビューの間、かわいいマグカップで水を飲みながら「これ、娘のコップなんだよ」と微笑む姿を見せてくれた。
目の前にいたのは「等身大の横山 奨」だった。

「30代、新進気鋭の伝統系鍼灸師」と紹介されることが多い横山先生。
だけど、目を細めて笑いながら彼が語ってくれたのは、意外にも、たくさんの挫折、葛藤、そして努力にあふれたお話でした。

※横山先生とウラベとツルタは、以前から面識があったため、全編を通じてフランクな口調でのインタビューになっております。ご了承ください。

横山 奨(よこやま しょう)先生

2002-2006 日本大学文理学部体育学科
2006-2009 東洋鍼灸専門学校
2008-現在 アイム鍼灸院開業
2010-2016 アイム鍼灸院 吉祥寺 開設(16年に譲渡)
2011-現在 アイムヨガスタジオ開業
2011-現在 アイムプラス開業(スタッフ用店舗)
2014-2017 明治国際医療大学大学院(通信制)鍼灸学研究科入学-卒業
2015-現在 谷桃子バレエ団監事
2016-現在 医療法人社団ひのき会 証クリニック附属鍼灸臨床研究所 設立
2017-現在 東洋鍼灸専門学校非常勤講師
2018-現在 明治国際医療大学研究生
日本伝統鍼灸学会 理事・編集部長
全日本鍼灸学会認定検討委員会テキスト作成委員会委員
鍼灸臨床研究会東方会講師
日本伝統鍼灸学会発表奨励賞受賞

横山奨の恋

いきなり聞くけど、最初から開業を考えていたの?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
ほんといきなりだね(笑)。うちは嫁さんが先に開業してたのよ。
ちなみに、結婚はいつごろ?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
専門学校を卒業した年の9月に、25歳で結婚した。
在学中から付き合っていたの?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
そう。オレが専門の2年生の時に付き合い始めた。
嫁さんは学年が1つ上の先輩。年齢は6個上だね。
横山先生は大学卒業後、すぐに東洋鍼灸専門学校へ入学したんだっけ?
奥さまは鍼灸の専門学校に入る前は、何か別の仕事をしていたの?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
オレは大卒でそのまま専門学校。
嫁さんは大卒で就職して、ゴリゴリの営業職で4〜5年、勤めていたみたい。
奥さまは社会人を経験してから、鍼灸学校に入ったんだね。
…それで、横山先生は奥さまのどこに惹かれたの(笑)?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
これを本当に載せるの?
(笑)。
ウラベ&ツルタ
ウラベ&ツルタ
横山先生
横山先生
オレ、ふだんは…おわかりの方もいるかもだけど、クズなの。
(笑)(笑)。
ウラベ&ツルタ
ウラベ&ツルタ
横山先生
横山先生
いや、本当にクズなんですよ(笑)。
どういうところがクズ?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
何かをしたいとかも特に無く、「ただ生きていればいい」と思ってるタイプで。
それは学生のときから今も続く、横山先生の傾向?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
いや、学生時代の傾向だね。
若いころって、いろんな人とお付き合いするでしょ?
んー。学生時代は、そういう人も多いよね(笑)。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
そうそう(笑)。
そのときに、オレに何か影響を与えるような人っていなかったんだよね。
奥さまと出会うまでお付き合いした女性には、そういう人がいなかった、ということ?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
女性だけじゃなくて、男性でもそうだった。
オレの琴線に触れるような人はいなかったの。
その人がいることによって、オレが何か行動を起こすということが、基本的にはなかったのよ。
なるほど…。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
でも、嫁さんと出会って「この人は違うな」と思った。
いろいろ話したりしていくうちに、この人といると自分がエンパワーメントされるなって感じがしたのよ。
エンパワーメントされる?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
とりあえず厳しいのよ。他人にも自分にも。ちゃんとしてるというか。
だから、この人と一緒にいたら、今よりもちゃんとした生き方ができそうだなと思った。
若き横山先生は、しっかり者の年上の女性に、今までとは違うものを感じたのかな。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
付き合うときから「結婚して」って言って付き合い始めた。
当時、オレは23歳で、嫁さんは6歳年上だったから、というのもあるけど。
おお。「結婚を前提にお付き合いしてください」からの、交際スタート!
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
23歳の若造が、バリキャリの年上女性にアタックをかけるときに、何かないと無理だと思って。
だから「結婚したい」って言ったのよ。それで在学中に付き合い始めたの。

横山奨の下積み

奥さまと交際をスタートしてから、夫婦でアイム鍼灸院を開業するまでの経緯は?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
嫁さんはね、東方会(とうほうかい ※経絡治療の一派。初代会長は小野 文恵(おの ぶんけい)先生。特に毫鍼を用いた接触鍼法が有名)会長の娘なの。
なるほど…奥さまも3代目で、鍼灸師の家系出身って聞いたことがあるよ。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
その関係で、いま一緒にやっている証(あかし)クリニックの中で、鍼灸をやりはじめた。
証クリニックというのは?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
証クリニックの理事長は、寺澤 捷年(てらさわ かつとし)先生という漢方の有名な先生のもとで助教授していた檜山 幸孝(ひやま ゆきたか)先生という人なの。
富山医科薬科大学の助教授を退職して、その後、富山で檜山医院という漢方内科を開業していたのよ。
けど、檜山先生の本当の夢は、東京のど真ん中で漢方専門で開業することだった。
それで東京に開業したのが「証クリニック」。
檜山先生は、鍼灸と漢方は漢方医学の両輪だから、鍼灸と連携したいと考えていたんだよね。
そこで、いろんな縁があって、嫁さんが証クリニック内での鍼灸を担当するようになった。
なるほど。理事長さんの夢を叶えられる人材として、奥さまに白羽の矢が立ったと。すごい!
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
理事長の奥さんがバリバリの経営者で、病院の切り盛りしているんだけど、嫁さんがその人に気に入られていて。
で、証クリニックの支援のもとで、アイム鍼灸院を開業したの。
奥さまは鍼灸師の資格を取ってすぐに、すごく大きな仕事を任されたのかぁ。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
そのときオレは専門の3年生になった頃で、理事長の奥さんに「あんたたち、いつか結婚するんでしょ? だったら今のうちから、あんたも働きなさい」と言われたので、働くことになった。
そうやって横山先生も、学生のころから実践的な場で働き始めたんだ。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
まずは、証クリニックの医療事務と、アイム鍼灸院の事務作業を手伝って。
オレは社会人経験がなかったから、毎日毎日嫁さんに怒られたし、医療事務では理事長の奥さんに罵倒された。
かなり鍛えられたね(笑)。
そういう下積みがあるんだ。
ツルタ
ツルタ
横山先生
横山先生
そこで「仕事とは何なのか」ということを、檜山先生とその奥さん、そしてうちの嫁さんから叩き込まれたわけです(笑)。
治療以外の下積みがあるのは意外だったかな。
しかも、そういう事務的な。
ツルタ
ツルタ
横山先生は、卒業後すぐに開業して、ずっと順風満帆なイメージがあったから…。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
「最初から、なんでもできたんでしょ」って言われるけど、そんなことないよ(笑)。
実は在学中に、スポーツマッサージ系のリラクゼーションのバイトしていたこともあって。
そんな過去が。
ツルタ
ツルタ
横山先生
横山先生
でも、まったく患者が付かなくて。「オレ、これやべえな」と思って。
これまた意外!
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
でしょ(笑)。
それで、卒業してからは、アイムでは鍼だけにした。
最初はマッサージもしてたんだけど。
そうしたら鍼だけの方が評判が良くて、患者も付いたわけよ。
鍼だけの方が、反応が良かったんだ!
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
…っていうか「オレはマッサージが下手なんだ」ということに気付いて(笑)。
(笑)。
ウラベ&ツルタ
ウラベ&ツルタ
横山先生
横山先生
圧倒的にダメなんだろうね。
今となっては、実際手技が下手だったかどうかは、わからない。
だけどマッサージではダメで、鍼だとフィットすることに気付いたんだと思う。
患者さんの受けが良かった?
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
そりゃもう、全然違ったわけよ。数字の上がり方が。
これは鍼自体がすごいのか、自分が鍼にフィットしてるのか。
そこって実は、なかなか結論を出せないところかも。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
「オレ、鍼がうまいのかな?」って思った時期もあったんだけどね。
やり方が良かったかもしれないし、アイム鍼灸院という箱が良かったかもしれないよね。
クリニックと提携している、という優位性かもしれないし。
冷静な視点だ。
ツルタ
ツルタ
横山先生
横山先生
でも、そこで「うまく鍼灸をやっていく」というのがすごく価値になった。
オレの中でしっくりいったの。
マッサージに想いを残さずに、鍼灸にいけた、と(笑)。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
もともとスポーツ系だったから、正直、鍼でもマッサージでも、どっちでもいいやって思ってたんだけど。
オレが通ってた東洋鍼灸専門学校は、脈診とか東洋医学的な身体の診方をしっかり教えてくれる学校だったのよ。
でも、せっかく習ったのに、マッサージではうまく活かせないわけで。
今はともかく、当時は全然できなかったんだよね。
なるほど。それぞれ特徴が違うもんね。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
でも、勉強してきたことを鍼だと活かせるわけよ。
そういうのもあって、自分には鍼がフィットするなと思っていたのね。
そんな葛藤があったから、自分にとって、より最適な方法を選べたのかな。
ウラベ
ウラベ
横山先生
横山先生
だけど、3年生の時はまだ鍼はできないし、マッサージも全然だめだった。
医療事務はだんだん出来るようにはなってはいたけど、でもやっぱりうまくはできないわけよ、保険の知識とかもないし。
アイムの事務仕事もなかなかできない。地獄のような1年だった。
だって国試の勉強もしないといけないわけよ。
それは大変だわ。
ツルタ
ツルタ

NEXT:横山奨の夜明け前

1

2 3
rakuraku_banner2.jpg
seirin_banner01.jpg

関連記事

  1. タダシい学びのハジメ方(前編)/鍼灸師:矢野 忠・中根 一

  2. 教員にとって臨床は「毒」であり「魅力」/関東鍼灸専門学校・副校長:内原 拓宗

  3. なんにも面白いことなんか喋られへん/鍼灸師:猪飼 祥夫

  4. 自分にしかできない「挑戦」(前編)/鍼灸ジャーナリスト:松田 博公

  5. 津田先生、学会ってなんですか?【後編】/ハリトヒト。番外編

  6. 「人としての経験を積まないと」と思った/鍼灸師:五味 哲也